群馬サファリパーク

関東におけるレジャースポットの中には「群馬サファリパーク」と言う場所があります。群馬サファリパークの見所と言ったらやっぱりサファリゾーンではないかと思いますが、サファリゾーンは7つのゾーンで構成されています。

また、群馬サファリパークではサファリバスでパーク内を回るのもあるし、自分の車でも回る事も出来ます。自分の車で回る場合には、パーク内の説明をする為のラジオが貸し出されるのでサファリバスと同じ感じで回る事が出来ます。デートで行くなら自分の車を使っていくと2人きりで回れるので自分達の世界に浸れて良いかもしれませんね。

ではそれぞれのゾーンについて説明をしてみたいと思います。

【アフリカゾーン】
パークの最初と最後に通るゾーンです。キリン、シマウマ、象、サイ等と言った草食系の動物を中心に飼育されています。色んな大きさの動物がこのゾーンにはいますので、普通の動物園と違った魅力を感じることが出来ます。

【サルクマゾーン】
日本猿とアメリカ黒熊がいるゾーンになります。

【ウォーキングサファリゾーン】
車から降りて歩いて動物達を見るゾーンです。鹿の餌を買うと直接鹿に餌をあげる事が出来ます。これ以降トイレは無くなりますのでここでしっかり行っておきましょう。

【アメリカ・アジアゾーン】
鹿やらくだの大群がいますので車で抜けるのに注意が必要です。

【トラゾーン】
ベンガルトラと、ホワイトタイガーがいます。ホワイトタイガーは金網の中にいますので、ちょっと残念かもしれません。

【ライオンゾーン】
ライオンを間近で見る事ができ、その迫力にきっと圧倒される事だと思います。




2009年08月11日 Posted bymms at 05:58 │群馬県